メインコンテンツに移動
サービス
我々の目的は、メンテナンスコストの削減です
初めてでも、正確かつ時間通りに処置できるノウハウを有します

Castolin Eutecticは、キルンのタイヤや 軌道、ローラープレス、ハンマーのクラックや破砕、亀裂、また損傷を受けた重要な産業部品の修理をサポートします。緊急を要する修理にも、標準的・計画的な修理にも対応。現場でも、また設備の充実したCastolin Servicesの20の工場でも、作業を行うことができます。私たちは100年以上にわたってメンテナンスと修理の分野の最前線を走り続けています。業界最大規模の経験豊富な技術コンサルタントによるチームが、お客様の力になります。

stabilizer

重要な産業部品のクラックや破壊、漏洩の補修を行います。

疲労
stabilizer

本体部分の表面の疲労摩耗は、高負荷や圧力、衝撃が繰り返しかかることにで、冶金学的な構造が弱まることによって発生します。ストレスが変化することにより、弾性変形または塑性変形を引き起こし、表面下のクラックの形成につながります。疲労摩耗のメカニズムは表面のみに限定されているものですが、発生したクラックは、ある一定のストレスが持続すると部品全体に広がり、部品の破損を引き起こします。

疲労亀裂、圧縮、変形

衝撃

衝撃による摩耗は、表面に高い衝撃負荷が連続的に加わることによって発生します。表面がもろくなっている場合、簡単に破砕しやすくなりますが、逆に表面が硬いと、弾性変形や塑性変形が生じやすくなるので、破砕を回避したり、あるいは少なくとも破砕を遅らせることができます。金属でも非金属でも、衝撃を与えることができます。例えば、プレスの打ち型の嵌合相手部品や、岩石を打つバケット式掘削機の歯の部分などです。衝撃が加わった結果、疲労クラック、亀裂、圧縮、変形などの影響が生じます。

現場修理にも当社工場での修理にも対応

摩擦

摩擦摩耗は、金属面と金属面がすべり接触や転がり接触をすることによって発生します。肉眼では、表面は一見スムーズで、つるつるに研磨されているようにさえ見える場合がありますが、顕微鏡レベルでは、「山あり谷あり」の状態なのです。接合部分での継続的なすべり接触により、顕微鏡レベルでは両方の表面の「山」と「山」同士で微細な溶接と剪断が発生しています。さらに、硬いほうの「山」の頂上部分がやわらかいほうの表面に新たな「谷」を刻み込みます。このプロセスが続くことによって、軸受け面が摩耗し、ついには接触部分に空間が生じて、振動が発生するようになります。この状態が継続すると、表面化の疲労クラックや破壊、その他の深刻な損傷につながる場合があります。

Whertec
Off
専門家に聞く