メインコンテンツに移動

カテゴリを選択

近年、企業でメンテナンスを担当する部署にかかるプレッシャーはますます強まってきています。これは、操業にかかるコストを削減するだけでなく、生産量や効率性を向上することも求められているからです。したがって、メンテナンス担当部署は、より耐用年数の長い部品を選択し、作業停止のインターバルを長くすることによって、ダウンタイム(休止時間)や在庫を削減するうえで重要な役割を果たすことができます。部品は、交換よりも修理のほうが短期的なコスト削減につながります。また、部品の到着を待つ間のダウンタイムのコスト発生をなくすことができます。さらに、補修を加えた部品に耐摩耗コーティングをほどこせば、耐用年数をより引き伸ばすことができます。Castolin Eutecticは、耐摩耗および厳しい動作環境での高度な接合ソリューションの分野における世界的なリーダーです。摩耗のメカニズムを分析し、お使いの機械や設備を守るために最も適切なソリューションを見つけ出すことが、当社の400人の現場のスペシャリストたちの中心的な役割です。

Schwenk Mergelstetten 005

5倍以上に耐用年数を延ばす要素

CastoTube®︎に交換した配管およびエルボ継手部分
Schwenk Mergelstetten 005

耐摩擦/耐腐食性の配管およびエルボ継手は、クリンカーや金属酸化物、石炭、木チップ、プレスチックペレット、鉱物などの微細サイズの原材料の空気搬送が幅広く行われている重工業分野における要望の中でも、最も多いものです。現代社会におけるキーワードは「生産性」です。搬送スピードは限界まで高められており、粒子による腐食は拡大しています。内部の表面の摩耗率は、粒子の量やその硬さ、サイズ、形状、スピードだけでなく、ダクトの形状にも左右されます。

配管やエルボ継手を、TeroMatec 4666合金で内部にウェアフェイス処理をほどこした、簡単に溶接可能な軟鋼製のCastoTubes®︎に交換することで、驚異的な耐摩耗性を実現し、資産の稼働率を向上します。CastoTubes®︎の優れたメリット:

  • 通常の部品よりも長い耐用年数
  • メンテナンスの頻度を削減 生産可能時間を拡大
  • コスト増につながる停止と起動の頻度を削減
  • 迅速かつ簡単な交換ソリューションによりメンテナンスに要する時間を削減
  • チューブの軽量化によりメンテナンスの簡便性を向上
  • メンテナンスの準備にかかる作業を削減(特に、修理作業のたびに足場の組み立て絵と解体が必要になるような、手の届きにくい位置)
専門家に聞く

Castolin Eutecticは、キルンのタイヤや 軌道、ローラープレス、ハンマーのクラックや破砕、亀裂、また損傷を受けた重要な産業部品の修理をサポートします。緊急を要する修理にも、標準的・計画的な修理にも対応。現場でも、また設備の充実したCastolin Servicesの20の工場でも、作業を行うことができます。私たちは100年以上にわたってメンテナンスと修理の分野の最前線を走り続けています。業界最大規模の経験豊富な技術コンサルタントによるチームが、お客様の力になります。

DSC06930

重要な産業部品のクラックや破壊、漏洩の補修を行います。

疲労
DSC06930

本体部分の表面の疲労摩耗は、高負荷や圧力、衝撃が繰り返しかかることにで、冶金学的な構造が弱まることによって発生します。ストレスが変化することにより、弾性変形または塑性変形を引き起こし、表面下のクラックの形成につながります。疲労摩耗のメカニズムは表面のみに限定されているものですが、発生したクラックは、ある一定のストレスが持続すると部品全体に広がり、部品の破損を引き起こします。

shutterstock_1178464075

疲労亀裂、圧縮、変形

衝撃
shutterstock_1178464075

衝撃による摩耗は、表面に高い衝撃負荷が連続的に加わることによって発生します。表面がもろくなっている場合、簡単に破砕しやすくなりますが、逆に表面が硬いと、弾性変形や塑性変形が生じやすくなるので、破砕を回避したり、あるいは少なくとも破砕を遅らせることができます。金属でも非金属でも、衝撃を与えることができます。例えば、プレスの打ち型の嵌合相手部品や、岩石を打つバケット式掘削機の歯の部分などです。衝撃が加わった結果、疲労クラック、亀裂、圧縮、変形などの影響が生じます。

DSC02294

現場修理にも当社工場での修理にも対応

摩擦
DSC02294

摩擦摩耗は、金属面と金属面がすべり接触や転がり接触をすることによって発生します。肉眼では、表面は一見スムーズで、つるつるに研磨されているようにさえ見える場合がありますが、顕微鏡レベルでは、「山あり谷あり」の状態なのです。接合部分での継続的なすべり接触により、顕微鏡レベルでは両方の表面の「山」と「山」同士で微細な溶接と剪断が発生しています。さらに、硬いほうの「山」の頂上部分がやわらかいほうの表面に新たな「谷」を刻み込みます。このプロセスが続くことによって、軸受け面が摩耗し、ついには接触部分に空間が生じて、振動が発生するようになります。この状態が継続すると、表面化の疲労クラックや破壊、その他の深刻な損傷につながる場合があります。

専門家に聞く

委託者ブランド名製造会社(OEM)に対するサービスの一環として、当社では、OEMが製造する新しい機械の完成品に簡単に組み込むことができる部品として、あるいはまた予備の部品またはアップグレード用の部品として、完成品または準完成品の部品の提供を行なっています。当社がOEM向けに提供している、すぐに使える部品の大部分は、激しい摩耗を受けるものです。これらの部品について、OEMでは、摩耗に対する最適なソリューションを必要としています。

chargementCONE ST LOUIS SUCRE 031

OEMにおける耐摩耗性能とコストの最適化

新しいサイクロンの設計と製造
chargementCONE ST LOUIS SUCRE 031

Castolin Eutectic Groupでは、OEMのパートナーとして、新たな静電気サイクロンの設計と製造に頻繁に関わっています。実際の経験を通じてわかってきたことは、耐摩耗プレートを、その機械的な特性を考慮に入れた上で構造材料として使用する必要がある、ということです。サイクロンのシェルを、摩耗率に応じて扱いやすい数(通常は4〜6)のセクションに分割すれば、適切なCDP®︎プレートを使って製造した部品をひとつずつ交換することが可能になり、より迅速で、なおかつより経済効率の高いソリューションとなります。3つのセクションは最大級の保護を必要とするので、リニア摩耗を防ぐために、CDP®︎ 4666 XuperWaveまたはCDP®︎ 112の使用が強く推奨されます。プレートの厚さやコーティングのグレードを調整することで、異なる保護性能を与えることができます。組み立てや交換の利便性を考えて、これらの部品はすべてフランジ付きにする必要があります。CDP®︎摩耗率が低いと、検査時に残りの耐用年数を簡単に予測することが可能になり、多くの場合、緊急修理のための耐摩耗プレート以外には、予備部品のストックが不要になります。

fan housing

構造部材またはライニングとしてのCDP®︎ 耐摩耗プレート

すぐに使用できるファンおよびハウジング
fan housing

Castolin Servicesの工場では、幅広い業界における耐摩耗保護性能を組み込んだファンや専用のハウジングの設計と製造に必要なツールやノウハウが、すべて揃っています。当社独自のメリットは、CDP®︎ 耐摩耗プレートを自社製造しているという点です。この耐摩耗プレートは、ファンやハウジングの構造部材としても、あるいは構造部材に取り付けるライニングとしても使用することができます。これらの耐摩耗金属シートは、当社の施設内で、CNCプラズマやガス切断、ウォータージェットで複雑な形状にカットし、さらに顧客の指定に応じて、伸ばしたり溶接したりして、複雑なデザインに仕上げることができます。Catolin EutecticのCDP®︎ 耐摩耗プレートは業界ナンバーワンの幅広いバリエーションを誇ります。当社のCDP®︎ 専門のエンジニアが、OEMと密接に連携しながら、様々な形状やサイズのハウジングの完成品を提供しています。

専門家に聞く

他のサービスを見つける