メインコンテンツに移動
サービス
我々の目的は、メンテナンスコストの削減です
初めてでも、正確かつ時間通りに処置できるノウハウを有します

委託者ブランド名製造会社(OEM)に対するサービスの一環として、当社では、OEMが製造する新しい機械の完成品に簡単に組み込むことができる部品として、あるいはまた予備の部品またはアップグレード用の部品として、完成品または準完成品の部品の提供を行なっています。当社がOEM向けに提供している、すぐに使える部品の大部分は、激しい摩耗を受けるものです。これらの部品について、OEMでは、摩耗に対する最適なソリューションを必要としています。

OEMにおける耐摩耗性能とコストの最適化

新しいサイクロンの設計と製造

Castolin Eutectic Groupでは、OEMのパートナーとして、新たな静電気サイクロンの設計と製造に頻繁に関わっています。実際の経験を通じてわかってきたことは、耐摩耗プレートを、その機械的な特性を考慮に入れた上で構造材料として使用する必要がある、ということです。サイクロンのシェルを、摩耗率に応じて扱いやすい数(通常は4〜6)のセクションに分割すれば、適切なCDP®︎プレートを使って製造した部品をひとつずつ交換することが可能になり、より迅速で、なおかつより経済効率の高いソリューションとなります。3つのセクションは最大級の保護を必要とするので、リニア摩耗を防ぐために、CDP®︎ 4666 XuperWaveまたはCDP®︎ 112の使用が強く推奨されます。プレートの厚さやコーティングのグレードを調整することで、異なる保護性能を与えることができます。組み立てや交換の利便性を考えて、これらの部品はすべてフランジ付きにする必要があります。CDP®︎摩耗率が低いと、検査時に残りの耐用年数を簡単に予測することが可能になり、多くの場合、緊急修理のための耐摩耗プレート以外には、予備部品のストックが不要になります。

構造部材またはライニングとしてのCDP®︎ 耐摩耗プレート

すぐに使用できるファンおよびハウジング

Castolin Servicesの工場では、幅広い業界における耐摩耗保護性能を組み込んだファンや専用のハウジングの設計と製造に必要なツールやノウハウが、すべて揃っています。当社独自のメリットは、CDP®︎ 耐摩耗プレートを自社製造しているという点です。この耐摩耗プレートは、ファンやハウジングの構造部材としても、あるいは構造部材に取り付けるライニングとしても使用することができます。これらの耐摩耗金属シートは、当社の施設内で、CNCプラズマやガス切断、ウォータージェットで複雑な形状にカットし、さらに顧客の指定に応じて、伸ばしたり溶接したりして、複雑なデザインに仕上げることができます。Catolin EutecticのCDP®︎ 耐摩耗プレートは業界ナンバーワンの幅広いバリエーションを誇ります。当社のCDP®︎ 専門のエンジニアが、OEMと密接に連携しながら、様々な形状やサイズのハウジングの完成品を提供しています。

Whertec
Off
専門家に聞く