グループ概要

コスト効率の高い修理とメンテナンスソリューション

 

Castolin Eutecticは、メンテナンス、修理、摩耗防止ソリューションの分野で世界をリードする企業です。溶接、ロウ付け、溶射技術に関する100年以上の経験に基づいた専門的で革新的なソリューションを提供します。Castolin Eutecticは、表面保護、修理、接合ソリューション分野での専門知識でお客様をお手伝いさせていただきます。

当社は世界100か国以上に1,500人以上の従業員を擁し、「品質、サービス、技術におけるリーダーシップ = お客様への付加価値の提供」をモットーとしています。

700人以上のアプリケーションスペシャリストが世界中のお客様のお手伝いをいたします。お客様の機械設備類の長寿命化や資源の節約に貢献し、お客様のニーズにお応えするソリューションを提供していくことが当社の目標です。

 

Castolin Eutecticのパンフレットをダウンロード(英語)

当社の強み:

  • 定評の高い応用ノウハウと業界ニーズの正確な把握
  • お客様のニーズに密着
  • 熟練された国際的なアプリケーションスペシャリスト陣
  • 価値に対する考え方
  • 認定インストラクターによるトレーニングコース
  • 製品を提供している業界範囲の広さ

お客様にとってのメリット:

  • 表面保護、修理、接合に関する真の専門家がお客様と連携作業
  • 溶接、ロウ付け、溶射技術の利用に関する最適なノウハウを提示
  • 製品とアプリケーションの範囲が広いためオーダーメイドのソリューションを低コストで提供可能

沿革

世界における当社の地位は、20世紀初頭のWasserman(ワッサーマン)ファミリーのビジョンに基づく関連分野での長年にわたるリーダーシップにより築かれてきたものです。

詳細を見る ›

組織

当社はMesser(メッサー)グループの一員であり、従業員を最も重要な資産と考えています。当社とグループ企業の詳細をご覧いただけます。

詳細を見る ›

環境に対する意識と品質

当社は、地球の貴重な資源の節約に努めています。当社の製品はすべてISO 9001で認定されたプロセスで製造されています。

詳細を見る ›

体制

当社は、欧州内のお客様の90%に文字通り2時間以内に到着できる体制を整えています。欧州のすべての国で、それぞれの国の条件に応じて倉庫を管理し在庫を確保しています。

詳細を見る ›

 
トップページへ

会社沿革

摩耗防止の最前線に立ち接合技術の専門企業として100年を超える長い歴史を築いてきました。

  • 1906年

    ジャンピエールワッサーマン(Jean-Pierre Wasserman)がローザンヌ(スイス)にCastolinを創立。彼が天才的なひらめきで発見した「低温で鋳鉄をロウ付けする方法」は、それまで他の方法では接合できなかった金属の保護と修復を行える革命的な方法でした。Castolinは、フラックス、ロウ付け合金、鋳鉄の修理技術も開発しました。

  • 1930年代

    1930年台には、創立者の息子であるレネワッサーマン(René Wasserman)が入社し、彼の優れた先見性と「近代的な」販売方法(デモ、アプリケーションマーケティング)により、Castolinは栄光への道を歩み始めました。Castolinはその当時から米国での計り知れない可能性を見据えていました。

  • 1940年代

    1940年 - ニューヨークに「Eutectic Welding Alloys Corporation」を設立。

    1948年 - ロンドンに「Eutectic Welding Alloys Company Ltd.」を設立。

    1949年 - ミラノに「Castolin Italiana S.r.l (Salteco S.p.A)」を設立。

    Eutecticエンジニアのノウハウとその製品の信頼性と汎用性により、Eutecticは、米州とアングロサクソン国の支配的な専門ブランドになることができました。

  • 1950年代

    1952年 - アニエール(Asnières)に「Société Française Soudures Castolin」を設立。

    1954年 - フランクフルト、ニード(Frankfurt-Nied)に「Deutsche Castolin Schweissmaterial GmbH」を設立。

    1959年 - 「日本ユテク株式会社(Eutectic of Japan Ltd.)」を設立

  • 1960年代

    1960年 - 初の Eutectic Services 工場の操業を開始。

    1967年 - お客様に技術的ノウハウを容易にご利用いただけることの重要性と国際的な技術コミュニティの重要性に気が付いたレネワッサーマンが、「Castolin Eutectic Institute」を設立。それ以降、彼の明確なビジョンに基づく主導により、世界中からの何千人もの技術者を訓練してきました。

  • 1970年代

    コア抜きワイヤーの製造方法を開発。

  • 1974年

    摩耗防止技術を利用した環境への企業の取り組みを表彰するConservationist of the Year Awardを創設。環境に対する責任は、常に当社の哲学の基本となっています。環境保護に対する姿勢が一般的になるよりはるかに前から、当社は、産業設備の長寿命化と効率改善による天然資源の節約という思想の普及に努めてきました。

  • 1980年代

    世界で初めてガスアトマイズ粉末を製造。

  • 1991年

    CDP®耐摩耗プレートを開発、製造。

  • 1996年

    グローバルインダストリープログラム(業種別特定プログラム)を企画立案。

    当社が特殊専門知識を有する産業分野:鉄鋼、セメント、廃棄物リサイクル、石油・ガス、鉱業、電力、ガラス、紙パルプ、自動車。

  • 2000年

    ワッサーマンがグループ会社を民間投資企業(Carlyle[カーライル]、Messer[メッサー]など)に売却し、MECホールディングが設立されました。

  • 2005年

    Messerグループに所属。2005年1月31日に、Messerグループが主要株主になりました。当社が再びグループ会社の一員に復帰できたことは幸運であり、Messerは理想的なオーナーです。Messerグループの企業やCastolin Eutecticの経歴をご覧いただければ明らかなとおり、私たちには驚くべき類似点があります。どちらも20世紀初頭に設立され、「技術革新、品質、お客様との協力を通して成長を図る」という企業哲学もほとんど同じです。

  • 2006年

    創立から100周年

    ロシア、中国、ウクライナ、エジプトなどの成長中の国への投資によりグローバルな製造体制の構築を推進。

  • 2008年

    Eutectic Services サービスが成長し、イギリス、ロシア、米国、カナダ、中国、オーストリア、ノルウェー、ハンガリー、ベルギーで企業を買収。

  • 2011年

    メキシコ、ベルギー、オーストリアに新しい Eutectic Services サービス工場を開設。

  • 2013

    過酷な環境に耐える優れた表面処理技術を持ち、イギリス、シンガポール、中国に工場を持つMonitor Coatings社を傘下に収める。

  • 2014

    アメリカ・フロリダ州に本社を持つWhertec社を傘下に収める。Whertec社は、発電、リサイクル、バイオマス、製鉄、製紙産業におけるボイラーチューブの耐摩耗表面処理で確固たる地位を築いています。

  • 2015

    合弁事業により、ナイジェリア、およびサウジアラビアに進出。


トップページへ

組織

大規模なグループを構成しています

Castolin Eutecticは、ドイツ・Messerグループの一員として高品質な機器や製品ならびにサービスを提供しています。

Provider of CO2 solutions

Manufacturer of medical instruments

Thermal cutting solutions, specializes in autogenous technology, as well as gas supply systems

Largest owner-managed industrial gas company in the world

Superior Alloys for Maintenance & Repair

Messerグループ:

  • 投資額4億2000万超
  • 意欲的な6,000人以上のスタッフ
  • 100か所を超える工場でお客様のニーズに対応
  • 120か国以上で技術、販売をサポート
  • 2,000人の技術販売スタッフが毎日お客様に対応しています

 

 

トップページへ

高い環境意識と品質基準

削減、再利用、リサイクル

「地球上の貴重な資源を節約し、摩耗した古い部品に付加価値を与える」というCastolin Eutecticの企業哲学は、世界中で評価されています。当社の生産設備には環境影響を少なくするためのプログラムが採用されており、現在もカドミウムとホウ酸を含まないGreenBrazシリーズ製品の製造を開始したところです。また、当社は、溶接用の排気装置を市場に投入した最初の溶接関連企業の一つでもあります。この分野でのパイオニアとして、Castolin Eutecticは1973年にConservationist of the Year Award を創設しました。

当社の製品はすべて、ISO 9001で認定されたプロセスで製造されています。卓越した修理品質をお客様にご提供できるよう、TUVや溶接協会などの専門機関とも密接に連携しています。多くの工場の溶接技術者がSCCで認定されています。

また、日本国内の6工場を擁する当社の工事部は、「予防保全ならびに補修溶接の分野において、先進の技術を用いた専門的で包括的な商品とサービスで産業界に貢献します」という品質方針のもと、そのプロセスはISO 9001の認証を取得しています。


トップページへ

組織展開

グローバルな思考と地域密着の行動

当社は100か国以上に業務展開し、サイトで活躍する1,500人以上のスタッフと700人以上の国際的なアプリケーションスペシャリストを擁し、他社の追随を許さないサービスを全世界で提供しています。当社のアプリケーションスペシャリストが短時間でお客様のプラントに直行し、最高のサービス体制でお客様をサポートいたします。

Castolin Eutecticは五大陸の100か国以上に業務展開しています。

お問い合わせ